JakaLog

ジャカルタ在住女子のライフスタイル

ラマダン(断食)の時期に入りました。

みなさんこんばんは。

 

インドネシアでは5月17日よりラマダン(断食)の時期に入りました。

f:id:miyulog:20180522000627j:plain

 

2018年のラマダンは5月17日から6月14日までの29日間です。この時期は日中の飲食を断ち、神に感謝の祈りを捧げます。この国では約9割近くの人たちがイスラム教徒であるため、殆どの人たちが断食を行っており、イスラム教徒の住民が多いエリアでは日中飲食店が閉まっていることが多いです。(なのでエリアによってはランチ難民になることも!)

 

「断食」といってもその期間中何も食べないわけではなく、日の出から日没までの間は飲食をしないという意味です。なので、だいたい朝6時から夕方の18時までの間は一切食べ物や飲み物を口にしません。

 

そんなラマダン期間中、みんなどんな生活をしているんだろう?と気になったのでイスラム教徒の友達に断食中の生活スタイルを聞いてみました!個人差はあると思いますが、一般的にこのようなスケジュールだそうです♪

 

ラマダン期間中の生活例

03:00 起床、朝ごはん

04:00 お祈り①ファジャル(明け方から日の出までのお祈り)

05:00 寝るかテレビ、仕事の準備               

08:00 出社

10:00 お祈り②ゾフゥル(正午から昼過ぎまでのお祈り)

13:00 お祈り③アッサル(昼過ぎから日没までのお祈り)

17:30 帰宅

18:00 お祈り④マグリブ(日没直後のお祈り)

18:15 ブカプアサ(断食明け)で果物など軽い食事

19:00 夜ご飯

21:00 お祈り⑤イシャ(就寝前のお祈り)

22:00 就寝

  

ラマダン期間はイスラム教徒の方々にとって、とても大事な時期です。なので普段仕事が忙しくて1日5回のお祈りができない人たちも、この時期には5回するようにしているそうです。会社のイスラム教徒のおじちゃんから聞きました。

 

ただ、この期間中にイスラム教徒は全員断食しなければいけない!という訳ではありません。

 

断食できなかった日は別の日に振り替えることができ、更に妊婦さん、授乳中の女性、病人(etc...)は断食を免除されます。ただ、後日免除された期間分の断食を行うようになっているそうです。

 

ラマダンについてすごく分かりやすい記事があったので、ご紹介させて頂きます♪

 

ラマダン期間に入り、私が勤めている企業では勤務時間が通常より30分早くなりました。(初日は時間変更に気づかず、堂々と遅刻してしまいました。汗)また、この期間はデスクでの飲食は控えるようにしており、大好きな食後のコーヒーも我慢するようにしています。

 

宗教に関わらずインドネシアに住んでいる人たちに関係してくる時期なので、これからインドネシアに住まれる方、この時期に旅行に来られる方々は事前に確認しておくことをおすすめします♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャカルタ ジャワ島
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/2時点)